売却専門サービス

家族や親類で不幸があると相続が発生し、マンションなどを譲り受ける場合があります。
そのまま相続すると税金がかかることになります。同居していないマンションの場合、放置しがちになる人が多いようです。

毎年の固定資産税は払い続けることになってしまいますので、マンションの価値が下がる前にマンション売却を検討しましょう。放置することでマンションの管理不足となり価値が低下してしまうからです。

相続が発生したら、マンションの名義を相続人に変更する相続登記が必要となります。相続人が一人のときは問題ありませんが、複数の場合は手続きが複雑になります。事前にトラブルを防止するためにも、利害関係者で話をまとめてから具体的な売却計画を進めていきましょう。

相続したマンションでも、売却して利益を得た場合、課税対象になります。このときは、確定申告の必要がありますので、マンション購入時の売買契約書などの関連書類は、紛失しないように注意したいものです。

相続など複雑に利害がからむ不動産取引は、売却専門サービスなどに相談するのが得策です。必要な手続きや予想されるトラブルなどへのノウハウが蓄積されていますので、あなたの悩みや疑問を解消するために、サービスを役立てることができることでしょう。